TOEIC

TOEICが受験できない?個人でTOEIC IPテストを安く受けるには?割引も紹介!

2020年、コロナ禍で「何か勉強して資格でも取ろうかな~」という人が誰でも思い浮かべるであろう試験がTOEIC。

しかし、同じように考えた人が多かったことに加え感染症対策で座席が大幅に減らされたため、抽選形式になり落選する人がかなり増えてしまっていたのです…!

2022年、ようやくTOEICは通常運営に戻りましたー!!

第300回・第301回TOEIC Listening & Reading公開テスト【2022年8月21日(日)】より、定員制および抽選制を終了し、お申し込みいただいた方全員にご受験いただける申込受付を再開いたします。

ということですが、実は値上がりしています。そこで今回は

  1. 少しでもTOEICを安く受けるには?
  2. 新しく実施されているTOEICのネット試験を受けるには?

というふたつの気になるポイントを紹介してみます。

TOEIC(従来のテスト)で割引を受けるには?

TOEICの受験料、高いですよね…そこでなんとか割引にならないかなと方法を探ってみました。

  • リピート割(インターネット申し込み限定)
  • 会社や学校などからの補助を利用
  • IPテストを受ける(所属団体からの受験のみ)

まず、TOEICの正規料金を引用したいと思います

公開テスト団体一括受験申込:
通常価格は7,810円(税込)です。賛助会員価格は6,710円(税込)です。

IPテスト:
通常価格は4,230円(税込)です。賛助会員価格は3,130円(税込)です。

引用:TOEIC

リピート割(インターネット申し込み限定)

まずわかりやすい方法として、TOEIC申し込み時にインターネットから申し込みすると、リピート割引が効きます。

リピート割の期間は、受験した月の1年後の同月から3ヶ月間

現在(2022年12月)の受験料は7,810円ですが、リピート割を使うと7,150円に。

とってもお得ですよー!

そして1年後にリピート割で受験後、その翌年もリピート割が効くので、例えば毎年決まった月に受験する方は良いかもしれませんね。

会社や学校などからの補助を利用

TOEICには賛助会員制度というのがあるので、もし所属する会社や学校がそのTOEICの賛助会員であれば受験料が安くなります。

基本的にはバウチャーコードを発行してもらうことで割引になりますが、詳しい使い方はその所属している学校や企業に問い合わせてみて下さいね。

IPテストを受ける(所属団体からの受験のみ)

TOEICの団体受験はTOEIC IPと言われています。一般受験と違い、施設などを貸し切って行われることもあります。

さらに、ネット試験も登場しました!

話題のネット試験ってどんな感じ?CBTとIBTの違いって?コロナの影響でネット試験が増えてきました。 でもネット試験ってどんなもの?最近よく聞くけど…という方が多いと思うので、簡単にまとめ...

その学校や企業などの団体対応しているかどうかはわかりませんが、一度チェックしてみる価値はありそうです。

IPテストのスコアは正式なモノでなく、「スコアレポート」というものになります。一般的にはスコアレポートを就活などに使うこともありますが、中には正式なものではないから認定しない…といういじわるなところもあるようなので注意が必要です。

安く受験するにはネット試験(TOEIC IP)が近道!

ここまで見てきたところで、TOEIC IPテストがやっぱり安くて良さそう…と思った方もいるかもしれないです。

私もそうです。笑

ですが所属している団体がないんですよね…どうやったら安く受けられるかと考えた時に、いくつか所属できそうな団体を発見しました。

スクール経由

スクールの中でもお手軽なスクールをピックアップしてみました。

and ENGLISH(アンドイングリッシュ)

こちらには5日間セミナーのコースがあり、短期間で受講できます。そしてセミナー受講後はTOEIC IPテストを受けられます。

しかし料金は¥82,500(税込)※テキスト代別・オンラインIPテスト受験1回分込みと高額なので、本気で受講したい方向けですね。

Langland

「TOEIC® L&R IPテスト受験コース」という専用のオンラインコースがあります。

こちらはすぐにIPテストが受けられるので、安く済ませたい方はもちろん急いでTOEICを受験する必要がある方にもおすすめ。

スコア別 ボキャブラリービルディングというコースでは12,950円でTOEICIPテストが付属しています!(初回のみ正会員登録料16,500円がかかります。)

派遣会社経由

【リクルートスタッフィング】登録スタッフへのキャリア支援が秀逸!使える制度を紹介します派遣会社では登録スタッフへ就業支援として講座や資格取得の支援を行っているところが多いです。 私は複数の派遣会社に登録していて、実際...

こちらの記事でも書いていますが、リクルートスタッフィングに登録→TOEIC IPテストに応募(就業していなくても応募できる)→当選すれば受けられる

というルートがあります。私は日程が合いそうなときに何度か応募してますがなかなか当選してないんですよね…なのでどの程度当選できるかは不明ですが、このルートだと無料で応募できるのでお急ぎでない方にはおすすめです。

まとめ

かなり受けやすくなったTOEICですが、なるべく安く…という方は工夫が必要です。

私は正規で受けるか、派遣会社のIPテストを申し込みし続けてみようと思います!!

ABOUT ME
Avatar photo
ゆるの
元金融機関勤務の現フリーランス。前は銀行と証券で約8年間勤務していました。学芸員資格を取得し博物館で働いたり(アルバイト)、広告代理店でも勤務経験あり。取得した資格のことや金融機関転職のアドバイス、またフリーランスで生活していくためのTipsなどを中心に発信していきます♪
世界遺産検定の講座♪

世界遺産検定は自力受験可能な講座だとお伝えしましたが、おすすめの講座も発見しました。

基礎がない前提で受験に挑む方にはぴったりだと思います!